103系 大和路・おおさか東線

●諸元
形式 モハ103・モハ102・クハ103
編成 6両編成
本数 3本
営業最高速度 100km/h
設計最高速度 110km/h
起動加速度 2.0km/h/s
減速度 3.5km/h/s(常用最大)
            5.0km/h/s(非常)
最大寸法 長さ 19500mm
                幅 2832mm
                高さ 4140mm
車体材質 普通鋼
主電動機 直流直巻電動機MT55(110kW)
駆動装置 中空軸平行カルダン
制御装置 抵抗制御 直並列組み合わせ
                弱め界磁制御
台車 コイルばね台車
制動装置 発電ブレーキ 電磁直通ブレーキ
保安装置 ATS-Sw・ATS-P
●配置区所
奈良電車区
●運用範囲 
関西本線(難波ー加茂)
おおさか東線(放出ー久宝寺)
和歌山線(高田ー王寺)
桜井線(奈良ー高田)


1983年、関西本線の101系を置き換える目的で導入された。
関西本線では、1973年10月の関西本線電化から101系を使用していた。しかし、陳腐化が進んでいたことに加え、1982年に起きた水害の影響により60両が使用不能となり、中央快速線や総武緩行線の廃車予定であった101系を急遽関西本線で使用していた為、状態の悪い車両も多く、非冷房車であった為これらの置き換えは急務であった。そこで、東海道・山陽本線の201系投入によって余剰になった103系を関西本線に転入し、置き換えることにした。
1983年3月から103系を高槻電車区から日根野電車区に転属し、置き換えが始まった。塗装は101系と同じウグイスグリーンに前面に黄色の警戒色とした。しかし、中には東海道・山陽本線時代のスカイブルーのまま運用に就く車両もいた。
1985年に101系の置き換えは完了した。同年3月には奈良電車区を開設、関西本線用の103系は全て奈良電車区に転属した。
1986年11月、國鐵最後のダイヤ改正時に3両編成が登場した。これは、高頻度運転を行う為の処置で、首都圏からも転属したほか、101系クハ100を改造したクハ103-2000番台も登場し、先頭車の不足を補った。
1987年4月、分割民営化により6両編成12本、3両編成3本がJP西日本に継承された。民営化後も先頭車化改造は引き続き行われ、モハ103を改造したクハ103-2500番台やクハ103-2550番台も登場した。
1990年には日中でも前照灯を点灯して運転するようになった為、帯が撤去された。
1991年からは片町線に207系を投入した影響により、同線の103系が奈良区に転属し、クモハ103-5000番台やモハ103-5000番台も転属した。これらの転属により関西本線の103系は完全冷房化された。
1993年には東海道・山陽本線の103系が奈良区に転属した。これは、片町線や福知山線に207系を投入し、置き換えられた103系が明石区に転属した影響によるもので、このグループは非冷房車も含んでいた為、WAU102型クーラーを利用した冷房改造を実施し、合わせて延命NB工事を施工した。
1994年には東海道・山陽本線に207系が直接投入された影響により、103系が奈良区に転属した。この時にサハ103も転属し、3両編成に組み込み4両編成化した。これは、乗客増により3両編成では積み残しが発生するようになっていた為であり、これにより関西本線での3両編成の列車は消滅した。
1996年には奈良区の103系にも体質改善工事を施工した。改造内容は他の線区の103系と同じである。
1996年からは白色の警戒帯が前面に入れられた。これは、保線作業員から車両と山の色が類似して識別が困難との指摘があり、特に法隆寺ー王寺では大和川やその支流で奈良県特有の濃霧が発生することが多く、視認性の確保は重要であるということからである。