201系 大和路・おおさか東線

●諸元
形式 モハ201・モハ200・
       クハ201・クハ200
編成 6両編成
本数 7本
営業最高速度 100km/h
設計最高速度 110km/h
起動加速度 2.8km/h/s
減速度 3.5km/h/s(常用最大)
          5.0km/h/s(非常)
編成定員 848名
最大寸法 長さ 19500mm
             幅 2800mm
             高さ 4140mm
車体材質 普通鋼
主電動機 直流直巻電動機MT60(150kW)
駆動装置 中空軸平行カルダン
制御装置 サイリスタチョッパ制御
             弱め界磁制御
台車 空気ばね台車
制動装置 回生制動併用電磁直通空気制動
保安装置 ATS-Sw・ATS-P
●配置区所
奈良電車区
●運用範囲
関西本線(JR難波ー加茂)
おおさか東線(放出ー久宝寺)
和歌山線(王寺ー高田)
桜井線(奈良ー高田)

2006年、関西本線の103系の代替として転入し、12月から営業運転を開始した。
当時、明石区の201系は321系の投入により一部が森ノ宮区に転属していた。しかし、明石区と森ノ宮区では編成両数が異なり、過不足無く転属するとなると森ノ宮区の編成に4M4Tの8両貫通編成の他に6M2Tの8両編成や4両+4両の8両編成ができてしまい、6M2Tでは大阪環状線の変電所が耐えられないこと、4両+4両では不要な制御車が出来てしまい、労働組合からの反発があったことから、これらを6両編成に組み替え、関西本線に投入することにし、同線の103系を置き換えることにした。
2006年12月より営業運転を開始し、6両編成5本が転入した。これでは103系を置き換えきれない為、残りの編成は321系を製造することで対応することにした。尚、後述のおおさか東線開業による車両運用増加の為、103系は6両編成3本が残留している。
2007年の定期検査から冷房をWAU709に換装。
2008年3月、おおさか東線が開業した。これにより、おおさか東線の普通列車は奈良区の6両編成が充当されることになった為、103系・201系によるおおさか東線運用が始まった。
2012年からは行先表示器のLED化が行われ、共に全車完了している。
2017年現在、奈良電車区に6両編成5本が在籍しており、関西本線加茂ー難波、おおさか東線、桜井線、和歌山線王寺ー高田で運行している。