223系 大和路線

●諸元
形式 クモハ223・モハ223・
       クハ222・サハ223
編成 6両編成
営業最高速度 120km/h
設計最高速度 120km/h
起動加速度 2.5km/h/s
減速度 4.3km/h/s(常用最大)
          5.2km/h/s(非常)
最大寸法 長さ 20000mm
             幅 2956mm
             高さ 4140mm
車体材質 軽量ステンレス
主電動機 かご型三相誘導電動機
駆動装置 WN平行カルダン
制御装置 PWM制御VVVFインバータ方式
台車 ボルスタレス台車
制動装置 電気指令式
保安装置 ATS-Sw・ATS-P
●配置区所
鳳電車区
●運用範囲 
関西本線(加茂ーJR難波)
大阪環状線(天王寺ー新今宮)

1996年、大和路線で残っていた211系を置き換えるために6両編成3本が製造された。
当時の大和路線では、221系新造に伴う113系の置き換えが進み、奈良電車区から完全に113系の置き換えが完了していた。しかし、同じくボックスシートの211系は依然残っており、これらの置き換えを必要とした。そこで、阪神淡路大震災前に計画していた223系1000番台大和路線投入を実施することにしたが、130km/h出さないことから、130km/hを出さない設計に変更した1500番台を投入することにした。
基本的には223系1000番台と同様としたが、前照灯のフォグランプが無くなり、前照灯と尾灯が同じライトケースに収められ、後に登場する9000番台のような顔つきとなった。塗装も変更となり、223系1000番台設計時に計画されていた221系の帯色を配色したものとした。これは、網干区の223系1000番台とイメージを変えた為である。その他の車内設備などは1000番台と変わらない。
1996年に6両編成3本が奈良電車区に配置され、211系を置き換え、大和路線の近郊形電車の完全転換クロスシート化が完了した。
2000年3月、221系による阪和線運用が開始したことにより、奈良電車区に配置されていた223系は全て鳳電車区に転属した。