103系 大阪環状線

●諸元
形式 モハ103・モハ102・
       クハ103・サハ103
編成 8両編成
本数 7本
営業最高速度 100km/h
設計最高速度 110km/h
起動加速度 2.0km/h/s
減速度 3.5km/h/s(常用最大)
          5.0km/h/s(非常)
最大寸法 長さ 19500mm
             幅 2832mm
             高さ 4140mm
車体材質 普通鋼
主電動機 直流直巻電動機MT55(110kW)
駆動装置 中空軸平行カルダン
制御装置 抵抗制御 直並列組み合わせ
             弱め界磁制御
台車 コイルばね台車
制動装置 発電ブレーキ 電磁直通ブレーキ
保安装置 ATS-Sw・ATS-P
●配置区所
森ノ宮電車区
●運用範囲 
大阪環状線(天王寺ー新今宮)
桜島線(西九条ー桜島)

1969年、大阪環状線の101系の置き換え用に製造された。
関西地区は、大阪環状線は関東より早く101系化が完了していたが、東海道・山陽本線や片町線、阪和線は旧型国電が主力で走っており、特に東海道・山陽本線や阪和線には戦前型の3扉セミクロスシート車が在籍しており、老朽化が深刻であった。そこで、これらの路線に103系を投入することで新性能化を進めることになったが、その際に大阪環状線にも6両編成2本が投入された。
1969年に6両編成2本が投入され、101系と共に大阪環状線で運行した。大阪環状線に関しては元々新性能化が完了していた為、大量投入とはならなかった。
1973年、冷房車の103系が開発されると、大阪環状線の冷房化を進めることになった。そこで、103系を大阪環状線に大量投入し、101系を他線に転属、他線の旧型国電を置き換えることになった。この時投入された車両は新造時から冷房を搭載した他、前照灯がシールドビームになり、前面の通気口を廃止、側窓がユニット窓となっている。
1976年には関東地区にATCを投入するにあたり、関東地区から103系が転入した。この中にはクハ103-1も含んでいた。又、大阪環状線の列車が8連化された。
1979年には高運転台車も投入され、この時点で大阪環状線を運行する列車のほとんどが103系となっていた。
1987年、分割民営化によりJP西日本に継承された。
1988年、分散冷房車が登場した。國鐵時代にも非冷房車の冷房改造は行われており、新造車と同じAU75型を搭載していたが、JP西日本ではより低コストで改造する為にWAU102型を採用することにした。
更に、延命工事も行われるようになり、延命NやN40などの更新車も登場した。
1996年、新たな延命工事車「体質改善工事」を施工した車両が登場した。103系の設計自体古く、JP化後に登場した207系と比べたときに見劣りすることから、サービスレベルを207系並に揃えることを目的としている。この改造車は森ノ宮区の車両のうち、8両編成1本が試作として施工され、その後各線の103系に対して施工された。
1999年、桜島線用の編成が6両編成から4両編成に減車した。
2001年3月、桜島線沿線にユニバーサル・スタジオジャパンが開業した。これにより、森ノ宮区の103系のうち、桜島線用を4両編成から6両編成にし、その全てを体質改善車で統一した。又、塗装を朱色1号からUSJのラッピングを施した。
2002年、体質改善工事の延命年数を40年から30年に見直したことにより、工事の一部が簡略化された。
2005年12月から、201系への置き換えが開始した。この時点で103系は既にデビューから40年以上が経過しており、なのにも関わらず大阪環状線の周回列車は全て103系によって運用していた。そこで、新型車両へ置き換えることにしたが、新型車両自体は福知山線のスピードアップ・鍛冶屋線湾岸部延伸に充てられることになった為、明石区から転出した201系で一部を置き換えることにした。置き換えられた車両は奈良区・日根野区・神戸区などに転属した。しかし、譲受した201系を全て8両編成に組み替えると、4両+4両や6M2Tの8両編成ができてしまい、前者は労働組合の反発から、後者は変電所が耐えれないことから4M4Tの8両貫通編成以外は関西本線に転属することとし、奈良区や日根野区の103系体質改善車を大阪環状線に転属することで、大阪環状線の周回列車の車内サービスレベルを201系体質改善車と同等に揃えた。その結果、元々8両編成29本在籍していたのが12本に減少し、多くの特保工車や延命N、延命N40は転出・廃車し、森ノ宮区の103系の大半は体質改善車に揃えられた。この結果、201系が8両編成5本、103系が8両編成12本で計16本と以前より本数が減少してしまった訳であるが、この不足分は大阪線に321系を投入し、余剰になった淀川区の103系を8両編成に組み替え、大阪環状線での運用をすることで車両不足を解消した。
2011年、ダイヤ改正に伴い103系にも組み替えが発生した。この際に神戸区・奈良区・日根野区から転入・転出が発生した為、森ノ宮区の一部編成に体質改善工事未施工車が復活した。
2016年12月から323系への置き換えが開始し、周回列車は全て323系に置き換わる見込みである。
2018年現在、8両編成7本が森ノ宮電車区に在籍しており、大阪環状線と桜島線で運行している。