321系 大阪環状・ゆめ咲線

●諸元
形式 クモハ321・クモハ320・
       モハ321・モハ320
編成 8両編成
営業最高速度 120km/h
設計最高速度 130km/h
起動加速度 2.5km/h/s
減速度 3.5km/h/s(常用最大)
          4.2km/h/s(非常)
最大寸法 長さ 19550mm
             幅 2950mm
             高さ 3630mm
車体材質 軽量ステンレス
主電動機 かご型三相誘導電動機
             WMT106(270kW)
駆動装置 WN平行カルダン
制御装置 IGBT素子VVVFインバータ制御
台車 ボルスタレス台車
制動装置 電気指令式ブレーキ
保安装置 ATS-Sw・ATS-P
●配置区所
淀川電車区
●運用範囲 
大阪環状線(天王寺ー新今宮)
関西本線(新今宮ー天王寺)
桜島線(西九条ー桜島)

2006年、大阪環状線に残る103系の老朽置き換え用として製造された。
当時、大阪環状線の周回運用には103系のみで運用していたが、乗り入れてくる221系や223系とのサービスレベルの格差や、当時在籍していた103系に元非冷房の初期車が多く老朽化が進んでいた事から新型車両に置き換えることになった。そこで、環状線用の新型を開発することになった。当時の通勤型の最新形式が207系であったが、207系自体も設計から10年以上経過しており時代遅れになっていた為、新たに新型を開発することになった。そして、「D207系」(後の321系)を開発したが、同時期に福知山線の201・205系の置き換えによるダイヤの制約を無くす計画と大阪空港線及びびわこ京阪奈線開業に伴う車両捻出用の新型を計画していたことから、こちらに「D207系」優先して投入する事になった。しかし、大阪環状線の103系の置き換えも急務であった為、他線の車両を転属する計画に変更した。そこで、321系の投入により余剰になる201系を転属することにしたが、201系自体も京都・神戸線で継続して使用することから、その不足分は当初の予定通り321系で補うことにした。
この新型車両は本線系統の321系をベースとした為、321系の番台区分とし1000番台とした。この321系1000番台はサハ321を組まない6両編成としており、MT比が1:1としている。又、基本番台では電動台車がクモハ320を除いて全て偶数寄りにあったのに対し、1000番台ではモハ320の電動台車を奇数寄りとしている。又、この1000番台の最大の特徴は無改造で最高速度130km/h出せることである。これは、D207系として計画された時から考案されていたことである。しかし、大阪環状線の運用では130km/h出す必要が無い為、営業最高速度は120km/hとなっている。
2006年から投入が開始し、2007年までに8両編成12本が川崎重工・近畿車輛で製造された。元々は103系を全面的に置き換える計画であったが、大和路線や阪和線とのサービス格差を無くす為、これらの路線にも321系を投入する必要があった。その為、大阪環状線には103系を残留させることとし、森ノ宮区の未更新車や延命N工事車と奈良区や日根野区の体質改善工事車とトレードすることで大阪環状線内のサービスレベルを向上させた。尚、この321系は森ノ宮電車区の検修設備の関係から淀川電車区に配置した。
2010年に、淀川区に321系の増備車を8両編成5本投入した。
2016年から、323系での置き換えが始まった。これは、大阪環状線のうち南半分に可動式ホーム柵を設置する計画が打ち出されたことから置き換えが始まったものである。これにより、321系の大阪環状線での運用が置き換えられた。321系を優先的に置き換えたのは、おおさか東線新大阪延伸及びゆめ咲線の夢洲延伸による車両捻出とをする必要があることからである。これにより、2017年までに321系による大阪環状線運用は置き換えらた。しかし、配置は淀川区のまま保留車となっている。
2018年現在、淀川電車区に8両編成17本が配置されているが、ゆめ咲線延伸用に必要な両数のみ残留し、余剰分は奈良区や日根野区に転属する見込みである。