207系 大阪空港線

●諸元
形式 クモハ207・モハ207・
       モハ206・クハ207・
       クハ206・サハ207
編成 4両編成・3両編成
営業最高速度 120km/h
設計最高速度 120km/h
起動加速度 2.7km/h/s
減速度 3.5km/h/s(常用最大)
          4.2km/h/s(非常)
編成定員 1089名
最大寸法 長さ 19500mm
             幅 2950mm
             高さ 3700mm
車体材質 軽量ステンレス
主電動機 かご型三相誘導電動機
駆動装置 WN平行カルダン
制御装置 VVVFインバータ制御
            (0番台のみチョッパ併用)
台車 ボルスタレス台車
制動装置 電気指令式ブレーキ
保安装置 ATS-Sw・ATS-P
●配置区所
網干総合車両所明石品質管理センター
●運用範囲 
東海道本線(野洲ー神戸)
山陽本線(神戸ー加古川)
福知山線(尼崎ー篠山口)
東西線(京橋ー尼崎)
片町線(木津ー京橋)
おおさか東線(放出ー久宝寺)
関西本線(木津ー久宝寺)
びわこ京阪奈線(貴生川ー京田辺)
大阪空港線(伊丹ー大阪空港)

2007年3月、大阪空港線開業に合わせて運行を開始した。
大阪空港線は空港アクセス路線である為、車内のスペースの広いロングシート車が望ましかった。そこで、投入されることになったのが宝塚線でも使用している明石区の207系・321系である。
2007年3月より運行を開始した。大阪空港線の運行系統は基本的に伊丹から宝塚線・神戸線に直通する大阪空港ー大阪の運用とした。
2017年現在、大阪空港線で運行する207系は明石区に在籍しており、東海道・山陽本線野洲ー加古川、福知山線尼崎ー篠山口、東西線、片町線、おおさか東線、関西本線木津ー久宝寺、びわこ京阪奈線、大阪空港線で運用している。