103系 宝塚線

●諸元
形式 モハ103・モハ102・
       クハ103・サハ103
編成 7両編成
本数 3本
営業最高速度 100km/h
設計最高速度 110km/h
起動加速度 2.0km/h/s
減速度 3.5km/h/s(常用最大)
          5.0km/h/s(非常)
編成定員 992名
最大寸法 長さ 20000mm
             幅 2832mm
             高さ 4140mm
車体材質 普通鋼
主電動機 直流直巻電動機MT55(110kW)
駆動装置 中空軸平行カルダン
制御装置 抵抗制御 直並列組み合わせ
             弱め界磁制御
台車 コイルばね台車
制動装置 発電ブレーキ 電磁直通ブレーキ
保安装置 ATS-Sw・ATS-P
●配置区所
宮原総合運転所
●運用範囲 
東海道本線(大阪ー尼崎)
福知山線(尼崎ー新三田)

1981年、福知山線大阪ー宝塚電化開業に合わせ宮原区に新製配置された。
福知山線は当時、全線非電化であり大阪から山陰方面へ行く直距離客車列車は1時間1本のペースで走る路線であった。しかし、その一方で並行する阪急宝塚線は12分ヘッドで普通・急行を運転するというダイヤであり、利便性や運賃においても阪急の方が優位に立っていた。そこで、福知山線の輸送改善をすべく、まず尼崎ー宝塚を電化することにした。この時投入されたのが103系である。
福知山線の103系は新造投入され、6両編成6本が宮原電車区に配置された。この103系は基本番台の最終グループにあたり、高運転台となっている。しかし、山手線や京浜東北線に投入したATC車とは異なり、乗務員扉後ろの戸袋窓は設置されている。
1981年の電化と同時に営業運転を開始した。
1984年2月は4両編成に短縮された。これは、電化により利用客増を見込んだものの、1時間に1本のダイヤや運賃値上げなどが原因で到底阪急に太刀打ちできず、6両編成が過剰であった為である。この時脱車したMM'ユニットは淀川区・池袋区・松戸区に転属した。
1986年、宝塚ー城崎電化開業により、103系の運行範囲も広野まで延びた。
1987年、分割民営化によりJP西日本に引き継がれた。この時、福知山線の103系に「イエローライナー」のヘッドマークを取り付けPRしたが、この愛称は定着せず程なくして外された。
1989年、運用増加により明石区から初期車・非冷房車が転入した。これらの編成は暫くスカイブルーのまま運用していたが、WAU102型クーラーによる冷房化の際にカナリアイエローに塗装変更した。運行範囲も広がり、篠山口まで運行するようになった。
1993年、207系が配置されると一部の編成が明石区に転出したが、後に編成見直しでMM'ユニットが戻ってきて6連に増強。また淀川区からも編成単位で転入して来て配置数は増加した。
1994年8月に三田ー新三田の踏切でトラックと衝突した高運転台のクハ103-839が水田に横転・大破し、現地で廃車・解体された。
1995年1月17日、阪神・淡路大震災が発生し、福知山線も被害を受けたが、
いち早く復旧して他線区からの応援車両が多数走った。

1997年、東西線開業による尼崎駅構内の配線改良により、福知山線の普通電車が東海道本線と直通するようになった。これにより、福知山線で使用していた宮原区の103系が7連化され、東海道本線尼崎以東でも走ることとなった。これらの車両は、元々カナリアイエローであったが、誤乗防止の為201系と同じスカイブルーに塗装変更が進められた。
2001年、高運転台車が森ノ宮区に転出した。これは、桜島線ユニバーサルシティ駅開業にあわせて転出したもので、体質改善工事を施工の上でラッピングが施された。これにより、残っている編成のほとんどが他区所から転属した車両となった。
2003年、宮原区の103系も207系に置き換わることになり、明石区に207系4両編成8本、3両編成8本計56両が投入され、宮原区の103系7両編成8本が置き換えられた。この207系増備車が201系の運用に入り玉突きで201系が宮原の103系運用に
入るようになり運用数が減少し、8月に宮原区の103系の運用は消滅した。
2005年、福知山線ATS-P配備に伴う車両やりくりの影響で、東海道・福知山線に103系の運用が復活した。具体的には、宮原区を出庫し、大阪→甲子園口→京都→新三田→大阪→宮原区入庫となる運用で、最初は森ノ宮から借り入れ、サハを抜いた7両編成で運転された。後にサハ以外を森ノ宮に返却し、クハを広島区から転属、モハユニットはJP東日本からの譲渡車で7両編成を組んだ。この7両編成はスカイブルーを纏った。この運用は同年11月に終了し、321系に置き換えられた。
2011年、再び103系が7両編成2本が宮原総合運転所に配置され、大阪ー新三田で営業運転を開始した。これは、東西線北新地駅に可動式ホーム柵を設置した影響で、同線を走る直通快速が223系から207系に変更する為で、207系を捻出する必要があることから復活したもの。これにより、日根野区から205系が7両編成2本転入した他、103系も奈良区や日根野区からクハ103やモハユニットを、広島区からサハ102を転属し、これで7両編成を組成し、宮原区に転属させた。塗装は、福知山線のみでの運用とする為カナリアイエローとなり、10年ぶりのカナリアイエロー復活となった。
2013年には宮原区から205系7両編成1本が日根野区に転属した為、その補充として103系7両編成1本が宮原区に配置され、合計7両編成3本となった。
2018年現在、7両編成3本が宮原総合運転所に配置しており、東海道本線大阪ー尼崎、福知山線尼崎ー新三田で運行している。