223系 宝塚・福知山線

●諸元
形式 クモハ223・モハ223・
        クハ222・サハ223
編成 4両編成
営業最高速度 120km/h
設計最高速度 130km/h
起動加速度 2.5km/h/s
減速度 4.3km/h/s(常用最大)
            5.2km/h/s(非常)
最大寸法 長さ 20000mm
                幅 2956mm
                高さ 4140mm
車体材質 軽量ステンレス
主電動機 かご型三相誘導電動機
駆動装置 WN平行カルダン
制御装置 VVVFインバータ制御
台車 ボルスタレス台車
制動装置 電気指令式
保安装置 ATS-Sw・ATS-P
●配置区所
宮原総合運転所
●運用範囲 
東海道本線(大阪ー尼崎)
福知山線(尼崎ー福知山)
大阪空港線(伊丹ー大阪空港)

2008年、おおさか東線開業に伴う直通快速の運転開始に伴い導入された。
基本的には網干総合車両所に投入された223系2000番台5次車をベースとしているが、東西線でも運行する為、パンタグラフが1両につき2基搭載されている。又、関西本線でも運行することから同線に走る221系に合わせて最高速度を120km/hとし、番台区分も営業開始までに6000番台に改番している。
2008年3月から営業運転を開始し、東西線・片町線・おおさか東線・関西本線の尼崎ー奈良を結ぶ直通快速で運行を開始した。
2008年6月からは福知山線でも運行を開始し、網干区の221系の運用のうち、4両編成を置き換えた。置き換えられた221系は京都区に転属している。
2011年3月、直通快速から撤退し、東西線・片町線・おおさか東線・関西本線での運行を終了した。これは、北新地に可動式ホーム柵設置に伴うもので、東西線が4扉車のみの運行になった為である。これにより、直通快速は207系に置き換えられた。
2012年には4両編成2本が網干区から転属した。これは、福知山線の113系・221系を完全に置き換える為に転属してきたもの。このグループは2000番台7次車にあたり、転属に際して6000番台化が行われている。しかし、パンタグラフ増設は行われていない。
2017年現在、宮原総合運転所に4両編成22本が在籍しており、主に福知山線と大阪空港線で使用されている。