321系 尼崎港線

●諸元
形式 クモハ321・クモハ320・
       モハ321・モハ320・サハ321
編成 7両編成
営業最高速度 120km/h
設計最高速度 130km/h
起動加速度 2.5km/h/s
減速度 3.5km/h/s(常用最大)
          4.2km/h/s(非常)
編成定員 1065名
最大寸法 長さ 19550mm
             幅 2950mm
             高さ 3630mm
車体材質 軽量ステンレス
主電動機 かご型三相誘導電動機WMT106(270kW)
駆動装置 WN平行カルダン
制御装置 IGBT素子VVVFインバータ制御
台車 ボルスタレス台車
制動装置 電気指令式ブレーキ
保安装置 ATS-Sw・ATS-P
●配置区所
吹田工場高槻派出所
●運用範囲 
東海道本線(草津ー神戸)
山陽本線(神戸ー西明石)
福知山線(尼崎ー篠山口)
東西線(京橋ー尼崎)
片町線(木津ー京橋)
おおさか東線(放出ー久宝寺)
関西本線(木津ー難波)

2007年3月、尼崎港線電化に合わせて運行を開始した。
尼崎港線は元々非電化路線であり、車両はキハ120を使用していた。大阪空港線開業に伴い、列車の増発が見込まれたが、全ての列車を神戸線に直通することは困難である為、一部列車を神戸線に直通せずに折り返す必要性が出てきた。しかし、伊丹では折り返すことができない為、その先で折り返す必要があった。そこで、尼崎港線を電化し、直通することで大阪空港線の運転本数を確保すると共に過疎化の進んでいた尼崎港線の近代化を行うことでイメージアップを図り利用者の増加を狙うことにした。この計画で投入されることになったのが高槻区の207系・321系である。
2007年3月より運行を開始し、尼崎港線の大半の列車が207系・321系で運転された。しかし、尼崎港線自体の利用者は増えたものの、通勤形7両は過剰であった為、2011年からは大阪空港線列車は日中は塚口で折り返すことにし、尼崎港線はキハ120系が復活した。
2017年現在、尼崎港線で運行する321系は高槻区に7両編成30本が在籍しており、東海道・山陽本線京都ー西明石、福知山線尼崎ー篠山口、東西線、片町線、おおさか東線、関西本線木津ー難波、尼崎港線、大阪空港線で運用している。