103系 東条線

●諸元
形式 クモハ103・モハ103・
       モハ102・クハ103
編成 3・4両編成
営業最高速度 100km/h
設計最高速度 110km/h
起動加速度 2.0km/h/s
減速度 3.5km/h/s(常用最大)
          5.0km/h/s(非常)
最大寸法 長さ 19500mm
             幅 2832mm
             高さ 4140mm
車体材質 普通鋼
主電動機 直流直巻電動機MT55(110kW)
駆動装置 中空軸平行カルダン
制御装置 抵抗制御 直並列組み合わせ
             弱め界磁制御
台車 コイルばね台車
制動装置 発電ブレーキ 電磁直通ブレーキ
保安装置 ATS-Sw・ATS-P
●配置区所
明石電車区神戸派出所
東条電車区
●運用範囲 
東条線(新神戸ー西脇市)
加古川線(加古川ー西脇市)
鍛冶屋線(西脇市ー西脇)

1969年、名谷線開業に合わせて投入された。
当時、兵庫県には加東エリアが鉄道空白地帯であり、神戸市の西神地区にはニュータウンの建設も始まっていた。そこで、これらを縦断する路線が計画された。
1964年には建設が始まり、まず部分的に開業させることにした。そこで、1970年の西神ニュータウン開業に合わせて須磨ー名谷を開業させることにした。
ここでこの区間用に車両が必要になる訳だが、ニュータウン鉄道には通勤型が望ましく、103系が投入されることになった。しかし、今後更に北部への延伸が予定されており、寒冷地向けの車両も必要とされた。そこで、103系に寒冷地対策することで延伸に備えることにした。こうして名谷線専用の103系3050番台が登場した。
3050番台は基本的には103系基本番台をベースとしているが、半自動ドアに対応しているのが特徴となっており、前面にはスノープラウが装備されている。
4両編成15本が新たに開設した神戸電車区に配置され、須磨ー名谷で営業運転を開始した。
1976年、名谷ー野村が開業した。車両に関しても新型車の製造ではなく他線で余剰になった101系や72系、更には戦前型である42系などの4扉改造車を神戸電車区や新たに開設した東条電車区に転属し、東条線で使用することになった。
1981年、103系4両編成3本が神戸電車区に新製配置された。これは、老朽化した戦前型の31系や42系を置き換える目的で製造されたものであり、約11年ぶりの新造車となった。これらの車両は基本番台となり、福知山線に投入された高運転台の後期型と同一タイプとなった。又、編成単位では最後の103系基本番台となった。
その後も101系や72系の転入により、1985年には戦前型が撤退した。
1986年には新神戸ー須磨が開業し、荷物電車改造の105系が投入された。
1987年、分割民営化によりJP西日本の所属となった。
1988年の阪和線への205系1000番台の投入や1991年の片町線への207系の投入などにより101系や103系が神戸区や東条区に転入し、72系を置き換えていった。これにより、103系基本番台の低運転台車も東条線に登場した。
JP化後、103系は様々な延命改造を受けた。1988年からは戸袋窓閉塞と延命N工事が始まり、他所から転入してきた車両に対しては側窓を黒サッシにした延命N40工事車も登場した。1998年からは内装の接客設備を207系レベルに引き上げ、外観も大幅に改造した体質改善工事40Nが登場し、これは1981年に増備されたグループ3編成のうち1編成に施工された。残る2編成は2002年以降の体質改善工事30Nが施工された。
1997年、101系や103系の転入により東条線の72系が撤退した。
その後、明石区への207系投入による宮原区の103系転属に伴い、2003年に101系が撤退した。
東条線の電車が103系・105系に統一されると、103系は主に神戸側で、105系は主に西脇側で運行するようになった。
2007年3月、他社C線との相互直通運転が開始されたことにより、103系による他社C線乗り入れが始まった。この列車は6両編成もしくは8両編成で運行される為、103系も6連・8連化することになったが、103系は4連運用にも就く為4両編成を2本併結した8両編成か、奈良区・日根野区から転入した3両編成を2本併結した6両編成で運行することとした。この他社C線直通に使用する列車は他社C線用の保安装置を取り付け、神戸区と東条区の間で転属が行われた。これにより、他社C線の保安装置を装備する車両は神戸区に集約され、装備しない車両は東条区に集約された。
その後、アーバン地区の321系の投入により大阪地区の103系基本番台が余剰になり、神戸区や東条区の103系3050番台とのトレードが行われた。これにより、神戸区・東条区の103系のうち大半が103系基本番台が大半を占めるようになった。
2009年3月には湾岸線が開業し、同線に321系が投入されることになった。これにより、他社C線直通列車についても321系の使用が開始された為、神戸区の103系による他社C線直通の運用が激減した。
2017年7月からは他社C線方面に直通する列車が6両編成化された為、当系列においては4両編成の他社C線乗り入れが無くなった。
2017年現在、明石電車区神戸派出所に4両編成16本と3両編成5本、東条電車区に4両編成13本が配置されており、東条線新神戸ー西脇で運行されている。しかし、今後801系の投入により置き換えが進行する見込みである。