321系 東西・学研都市線

●諸元
形式 クモハ321・クモハ320・
       モハ321・モハ320・サハ321
編成 7両編成
営業最高速度 120km/h
設計最高速度 130km/h
起動加速度 2.5km/h/s
減速度 3.5km/h/s(常用最大)
          4.2km/h/s(非常)
編成定員 1065名
最大寸法 長さ 19550mm
             幅 2950mm
             高さ 3630mm
車体材質 軽量ステンレス
主電動機 かご型三相誘導電動機WMT106(270kW)
駆動装置 WN平行カルダン
制御装置 IGBT素子VVVFインバータ制御
台車 ボルスタレス台車
制動装置 電気指令式ブレーキ
保安装置 ATS-Sw・ATS-P
●配置区所
網干総合車両所明石品質管理センター
●運用範囲 
東海道本線(野洲ー神戸)
山陽本線(神戸ー加古川)
福知山線(尼崎ー篠山口)
東西線(京橋ー尼崎)
片町線(木津ー京橋)
おおさか東線(放出ー久宝寺)
関西本線(木津ー久宝寺)
大阪空港線(伊丹ー大阪空港)
びわこ京阪奈線(貴生川ー京田辺)

2008年3月、東西線・片町線で運行が開始した。
当時、東西線と片町線には207系のみでの運行となっていた。これは、京田辺以東が4両編成までしか対応しておらず、元々東海道・山陽・福知山線用として製造された321系は7両固定編成となっており、京田辺以東に入線できなかったからである。しかし、D10編成から2パンタ車となっていた為、京田辺までなら入線可能な状態となっていた。そこで、2008年から東西線・片町線での運行を始めることにした。
2008年3月に東西線・片町線・鍛冶屋線での使用も開始した。これにより同じ321系D編成の中でも1パンタ編成と2パンタ編成で運用が分かれ、東西線に直通する系統に使用する列車は2パンタ編成に限定された。
2010年には片町線が全線7両対応となった為、木津まで乗り入れるようになった。これにより、207系と共通運用を組めるようになった為、321系のうち2パンタ編成は207系と共通運用とした。
2010年から2パンタ車の車両に対して座席モケットを青系から緑系に交換し、2011年からはつり革を225系と同じオレンジ色の大型のものに交換した。これらの改造は2012年までに完了した。
2012年からはおおさか東線経由の直通快速にも入るようになった。これまでLCDの広告の関係上、207系のみが運用に入っていたが、おおさか東線と関西本線でもLCD車が運行できるようになった為321系も入るようになった。これにより、2パンタ車の207系と共通運用を組むことになった。
2018年現在、明石区に7両編成39本が在籍しており、東海道・山陽本線野洲ー加古川、福知山線尼崎ー篠山口、東西線、片町線、おおさか東線、関西本線木津ー久宝寺、大阪空港線、びわこ京阪奈線で運用している。