103系 淡路・湾岸線

●諸元
形式 モハ103・モハ102・クハ103
編成 6両編成
営業最高速度 100km/h
設計最高速度 110km/h
起動加速度 2.0km/h/s
減速度 3.5km/h/s(常用最大)
          5.0km/h/s(非常)
最大寸法 長さ 19500mm
             幅 2832mm
             高さ 4140mm
車体材質 普通鋼
主電動機 直流直巻電動機MT55(110kW)
駆動装置 中空軸平行カルダン
制御装置 抵抗制御 直並列組み合わせ
             弱め界磁制御
台車 コイルばね台車
制動装置 発電ブレーキ 電磁直通ブレーキ
保安装置 ATS-Sw・ATS-P
●配置区所
淡路総合車両所洲本支所
●運用範囲 
本四淡路線(須磨ー福良)
東条線(新神戸ー名谷)
湾岸線(舞洲ー神戸中突堤)
臨港線(大正ー舞洲)

1998年、本四淡路線須磨ー洲本開業に合わせて宮原・森ノ宮・奈良・日根野から転入した。
当初は新型車の207を投入する予定であったが、207系は東西線開業用という用途があり、設計変更を必要とすることから、既存の103系で補うことにした。
103系の投入にあたっては、6両編成と3両編成に組み替え、6両編成は須磨ー洲本の普通、3両編成は洲本ー福良の普通に使用することにした。塗装は瀬戸内海の海とJP西日本のコーポレートカラーをイメージした青とし、前面と乗務員室扉後ろにアーバンネットワークのロゴを入れた。この塗装は実は元々アーバンネットワーク内の通勤型を路線カラーに合わせた塗装に変更する計画で出た案の塗装であり、実際には既存のアーバン路線には採用されなかったものの、この淡路線の塗装として採用したものである。
1998年4月から営業運転を開始した。
2009年3月、湾岸線開業に伴い、103系による湾岸線運用が誕生した。これは、新線用として321系を製造したが、湾岸線運用が洲本所属の車両になること、湾岸線の普通運用は最高速度90km/hで103系でも支障が無いことから設定されたものである。又、湾岸線の運用は臨港線と直通運転を行う為、臨港線の大正まで運行するようになった。尚、快速運用は最高速度120km/hで321系の性能をフルに活用することから103系での運用は無い。
2014年、淡路線播磨木津ー舞子及び有馬線有馬ー播磨木津開業に伴い、103系の運行範囲も有馬線を経由して宝塚線の新三田まで延長した。
2017年7月、湾岸線の6両編成化により洲本区の当系列による他社C線乗り入れ運用が開始された。
2017年現在、有馬線と淡路線で運行している。今後、801系の投入により3両編成の運用は置き換えられる予定だが、他社線乗り入れの6両編成化による321系・801系の運用を拡大することから、その不足の補充分を801系の新造と日根野区・東条区の当系列の転属で補うことになっている。このことから、6両編成の所属は増加する見込みである。