321系 湖西線・琵琶湖線

●諸元
形式 クモハ321・クモハ320・
         モハ321・モハ320・サハ321
編成 7両編成
営業最高速度 120km/h
設計最高速度 130km/h
起動加速度 2.5km/h/s
減速度 3.5km/h/s(常用最大)
            4.2km/h/s(非常)
編成定員 1065名
最大寸法 長さ 19550mm
                幅 2950mm
                高さ 3630mm
車体材質 軽量ステンレス
主電動機 かご型三相誘導電動機WMT106(270kW)
駆動装置 WN平行カルダン
制御装置 IGBT素子VVVFインバータ制御
台車 ボルスタレス台車
制動装置 電気指令式ブレーキ
保安装置 ATS-Sw・ATS-P
●配置区所
宮原総合運転所
●運用範囲 
東海道本線(野洲ー神戸)
湖西線(山科ー近江今津)
甲東園線(西ノ宮ー甲東園)

2006年、琵琶湖線・湖西線の普通列車増発用として7両編成3本が製造された。
321系は元々、宝塚線の201系・205系の置き換え・海岸線湾岸部延伸・ゆとりダイヤ導入に伴う増発に伴い7両編成39本が近畿車輛で製造されていた。しかし、これ以外にも滋賀県南西部における普通列車増発の要望は大きく、特に草津線が直通しない日中の琵琶湖線や平日日中の湖西線では運転本数の少なさから自治体からの要望も大きかった。又、琵琶湖線の普通列車のうち、新快速の湖西線直通列車の影響で丁度新快速の運転間隔が開く時間帯の普通列車は混雑が激しく、混雑緩和もする必要があった。そこで、琵琶湖線に1時間あたり1本普通列車を増発し、平日の湖西線においても堅田折り返しの普通列車を設定することになり、その為の車両を製造することになった。当初は223系の増発や113系の転入などでやりくりする予定であったが、朝ラッシュ時の湖西線にも対応する為に通勤型とされた。京都・神戸線の普通列車を草津や野洲に延長する案もあったが、輸送障害時に広範囲の遅延を防止する為に京都・神戸線の普通列車とは別に列車を設定することにした。又、郊外を走る為、耐雪構造と半自動扉を設けた新型車両が望ましいとされた。以上のことから新たに321系を追加投入することになった。
新たに投入される321系は宝塚線や東西線での使用は考慮しないこととし、集電装置は1基とされ、塗装は321系の計画時の塗装である淡い水色・白・青のJP西日本のコーポレートカラーと琵琶湖・京都・神戸線のラインカラーを示した207系と同じ塗装とされたが、今回の321系に関しては更に戸袋部にパールブルーを入れ、ステンレス剥き出し部分を少なくすることで見栄えを良くした。製造メーカーはこれまでの39本とは異なり、川崎重工とすることで先の39本と並行して製造できるようにした。
7両編成3本が宮原総合運転所に配置され、2006年12月から営業運転を開始。当初は京都ー西明石の普通列車に充当されていた。2007年3月のダイヤ改正から琵琶湖線・湖西線の増発分に充当されるようになった。具体的には、朝ラッシュ時は高槻ー神戸を往復し、ラッシュが終わると高槻から京都に回送、京都から琵琶湖線の運用に就く。翌日は湖西線を中心に運行するといった運用である。尚、休日は日中の堅田折り返しの普通には明石区の207系が使用される為、宮原区の321系は日中は琵琶湖線の1本しか稼働していない状態となる。
その後、高槻区の321系には座席モケットの変更やつり革のオレンジ色・大型化の改造が施工されたが、宮原区の321系に関してはそのような改造は施工されず、デジタル無線を取り付けた程度である。
2016年7月、宮原区321系による甲東園線運用が誕生した。これは、甲東園線で使用する宮原区の103系のうち7両編成1本が森ノ宮区に転出したことによるものである。この影響により運用パターンも変わり、1日目は高槻区出庫後、高槻ー神戸の普通列車に就いた後、高槻から京都に回送し、日中は琵琶湖線の草津ー京都の普通列車に就く。夕方以降は湖西線近江今津までの運用に就き、夜京都到着後宮原区に回送する。2日目は宮原区から西ノ宮まで回送し終日甲東園線の運用に就く。その後、夜に高槻区まで回送する。
2017年現在、宮原総合運転所に7両編成3本が配置されており、琵琶湖線・湖西線・甲東園線を中心に朝ラッシュ時には京都・神戸線でも運行されている。