321系 阪和線

●諸元
形式 クモハ321・クモハ320・
       モハ321・モハ320
編成 8・6・4両編成
営業最高速度 120km/h
設計最高速度 130km/h
起動加速度 2.5km/h/s
減速度 3.5km/h/s(常用最大)
          4.2km/h/s(非常)
最大寸法 長さ 19550mm
             幅 2950mm
             高さ 3630mm
車体材質 軽量ステンレス
主電動機 かご型三相誘導電動機WMT106(270kW)
駆動装置 WN平行カルダン
制御装置 IGBT素子VVVFインバータ制御
台車 ボルスタレス台車
制動装置 電気指令式ブレーキ
保安装置 ATS-Sw・ATS-P
●配置区所
鳳電車区
●運用範囲
大阪環状線(天王寺ー今宮)
関西本線(加茂ーJR難波)
阪和線(天王寺ー和歌山)
紀勢本線(和歌山ー海南)

2007年から2011年にかけて、阪和線の103系を置き換える目的で製造された。

当時の阪和線は、普通列車と快速の大半に103系を使用していた。しかし、この103系が老朽化が進み、特に分散冷房車の初期車が在籍しており、置き換えが必要とされていた。そこで、103系を置き換えるべく、321系投入により余剰になる205系で置き換えることにしたが、明石区から転入する205系は6両編成2本のみであり、大幅なサービスレベルの向上にはならないことから、新たに321系車両を製造することで103系の置き換えに対応することにした。

2007年から営業開始した。2008年までに8両編成12本、6両編成11本が鳳電車区に配置された。鳳電車区にされたのは同時に大和路線用にも321系を投入する計画であったことから、共通運用にする為である。これにより、8両編成の103系は姿を消した。

2010年から、阪和線の103系の本格的な置き換えを開始した。4両編成が新たに9本投入され、大阪環状線の不足分として投入された8両編成5本と合わせて76両が新たに鳳電車区に配置された。このうち4両編成は2本併結して8両編成で運行する為、電気連結器が装備され、番台区分が300番台となった。